2016年11月28日

新宿御苑・ラクウショウの森

ラクウショウの森にて.jpg

落羽松(ラクウショウ)は明治20〜30年代に日本で初めて新宿御苑に植えられ
最も大きいもので樹高35m、幹回りは520p以上あるそうです。

ラクウショウの気根.jpg

ラクウショウの気根が、なんとも不思議な雰囲気です。
(原産地では湿地や沼地に生息するため地上に気根を出して呼吸している)

ラクウショウの森にてA.jpg

ラクウショウの紅葉と、黄色く色づいた木々。
この道の向こうに何があるのかワクワクしてきます。

クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村
posted by miya at 10:47| Comment(2) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまたご無沙汰しました
一時帰宅です・・2日から10日までまた病院です
これで新しい段階に進めて2月の検診まで解放されます
こちらの植物園にも植えられていますが・・
自然界の不思議ですね・・こちらでは森になっていて
ベンチが置かれていて・・木陰で夏はお弁当食べたりして
いい雰囲気の場所になっています
Posted by ぱふぱふ at 2016年11月29日 08:53
ぱふぱふさん

そうでしたか。
お大事にしてください。

ラクウショウ、そちらにもあるのですね。
自然界には様々なものがあって本当に不思議です。
夏に、この木陰で涼をとったら最高でしょうね。
お弁当ですか、いいですね!
Posted by miya at 2016年11月29日 17:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: