2017年03月13日

大寒桜の実生

大寒桜・実生.jpg

見上げて撮っています。
今では立派な木ですが、実生から育成したそうです。

クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
posted by miya at 10:54| Comment(4) | 花・植物・昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗な青空にピンクが栄えますね〜^^

なんと実からですか、大きく育ったものですね。
「桃栗三年、柿八年、梅は酸いとて十三年」とか言いますが
桜がこの中に入ってないのは残念ですね(笑)

見上げるまでになるには何年かかったのでしょうね。
Posted by 萩と月 at 2017年03月13日 23:30
桜は接ぎ木よりも実生が多いですね
苗木も植木屋さんなどでは売ってるしね
でも大きくなるには時間がかかるから大変だね
地元の小学校を卒業して苗木をもらって
自宅に植えてる郊外の子が多いそうですね
羨ましい話ですが・・今貰っても植えるところがないから
困るけどほしい気もする(笑)
Posted by ぱふぱふ at 2017年03月14日 08:31
萩と月さん

何年ぐらいで大きな木になるのでしょうね?
木が小さい時から知っていて
毎年、成長を楽しみに通っていた方もいることでしょう。

濃いピンクが青空の下、きれいでした。
Posted by miya at 2017年03月14日 10:05
ぱふぱふさん

今では庭に木を植えられるような家は少なくなりましたね。
仮に植えられたとしても枯れ葉で近所に迷惑をかけそうですし・・・。
寂しいですねぇ。
立派な桜の木を当たり前に見ていましたが
色々考えると一本一本が貴重なものに思えます。
Posted by miya at 2017年03月14日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: