2017年04月29日

ラナンキュラス

ラナンキュラスぴんく.jpg

「ラナンキュラス、好きだな〜♪」と思い、ちょっと調べてみました。
ラナンキュラスはラテン語のrana(カエル)が語源。
カエルがたくさんいるところに生えるからだそうです。
花壇でしか見たことがなかったので、ちょっと意外な感じがしました。

クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
posted by miya at 10:43| Comment(4) | 花・植物・昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えーーーっ!意外です。
花びらが幾重にも重なり、かわいい花なのにカエルだなんて(w_−; ウゥ・・

カエルというと沼地など水のあるところのイメージですが
ラナンキュラスは沼地などに生えるのでしょうかね?
私も花壇のラナンキュラスしか知りません^^;
ラナンキュラスの謎ですね^^
Posted by 萩と月 at 2017年04月29日 18:04
色も色々種類がありますね
ピンク、オレンジ、赤、白、黄、紫など〜〜
十字軍の遠征隊が西アジアから持ち帰ったのが最初といわれていますね
葉の形が蛙に似ていたり、湿地帯に咲くことからの名前のようですね
Posted by ぱふぱふ at 2017年04月30日 07:59
萩と月さん

意外ですよね〜。
ラナンキュラスとカエルが、どうしても結びつきません。
でも湿地を好む花だそうですのでカエルがいても不思議ではないですね。
菖蒲の花にカエルが似合うように
ラナンキュラスの花にカエルなんていう写真を撮ってみたいものです(^^)
Posted by miya at 2017年04月30日 11:04
ぱふぱふさん

花壇や切り花でしか見たことがなかったので
湿地を好む花だとは思ってもみませんでした。
葉っぱの形がカエルに似ているのですか。
次の機会に確認したいと思います(^^)
Posted by miya at 2017年04月30日 11:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: